イヤイヤ期2歳児の「ママ嫌い」に言葉が詰まった日

 

こんにちは、リコです。

イヤイヤ期の子供との生活は、日々理不尽な要求にさらされ、地雷原でタップダンスをするようなもの。

いつなんどき「それ、いやぁぁぁぁぁ」が飛んでくるかわかりません。

自宅保育でこどもと3人密室だとどうしても、繰り返す癇癪にイライラして言葉がきつくなったり素っ気なくなるときがあります。

リコ

いつかは言われるよな、言われて当然だよな、って思っていたけど…

実際に「ママきらい」をくらったら思っていたよりもショックでしばらく何も言えませんでした。

「ママは好きだよ」

「叱ることもあるけどいつもみーちゃんのこと好きだよ」

「嫌いって言われたら悲しいな」

色々な言葉が喉に引っかかって出てこなくなったようなおかしな気分。

結果的に、こどもの方が先に切り替えてくれたわけです。

まだまだだなぁ。

 

今日は息抜きと、最近のいろんなごちゃごちゃした気持ちの供養も兼ねてこんな感じにしてみました。Apple Pencilたのしいね。

お目汚し失礼しました。

 

≫イラスト付きの記事はこちら

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください