「あしたがんばる!」イヤイヤ2歳児、明日を生きる

こんにちは、リコです。

イヤイヤ真っ盛りのみーちゃんのご機嫌は常にジェットコースター。

どこで急落するものか、わかったものではありません。

 

「なんかそれは気分じゃない!イヤ!」と大暴れする理不尽はもちろんしょっちゅう。

だけどよく様子を見てみると、本人も「悪いことした・やっちまった」と思いながら引っ込みがつかないで大暴れしていることも割とあるようなのです。

毎日の着替え、オムツ替え、食事の時の態度。

弟やお友達、おもちゃに乱暴なことをしない。

寝る前にはおもちゃを片付ける。

毎日の習慣で「これをやる」(もしくは「やってはいけない」)と決めていることを守れず叱られているときは特に顕著。

リコ

本当はわかっているんだよね

これに気づくことができると、こちらも少しだけ深呼吸して落ち着いた対応をしようと気持ちを切り替えます。

 

  • クドクド言っても飽きて聞かなくなる
  • 箇条書きをイメージしてなるべく単純な言葉で
  • 向こうが「わかった」と応えてくれたら「じゃあこの話はおしまい!」とお説教モードを打ち切る
  • 「次はできるといいね」「また頑張ろう」と次に繋げられるように意識づけする

 

私の尊敬するママ友さんらの神対応をいいとこ取りしたものです。

ただこれを全部いつもできるかっていうとやっぱり無理ですね…無理…

話している途中で「やーーーーーだーーーーーー!!!」と走って逃げられたり、チラッチラ目をそらしてみたり、優しい言葉を使い始めた途端にふざけ始めたり。

「相手は2歳児、相手は2歳児…」と心の中で唱えてみたりもしますがそれも虚しく。

リコ

カチンと来て強い口調で突き放してしまったりすることも…

 

最近では、距離と時間をおいて落ち着かせると自分から謝りに来たりもするので、彼女の中ではすこしずつ変わって来ているんだろうなとは思うんです。

ねぇねぇママ

みーちゃん

みーちゃん、おむつかえないーっておこったの よくなかった

みーちゃん

ごめんなさいする。おむつとりかえてー

みーちゃん

リコ

お、おう

リコ

そうだね、ちゃんと言えて偉いな

 

「つぎは がんばれる!」

「あしたは がんばれる!」

着実に成長しているはずの我が子。

彼女の言葉が本当になってくれる日を夢見ながら、今日もイライラを噛み潰して私は言葉を選ぶのでした。

(時に暴発するけど)

 

≫イラスト付きの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください