【比較】ベビーマグのおすすめは?リッチェル&ピジョン 3年間2人の子供と使った感想

こんにちは、リコです。

お家でもお出かけでも欠かせない、赤ちゃんの水分補給の必須アイテム「ベビーマグ」

とてもたくさんの種類があるので、悩まれる方も多いのではないでしょうか。

今回は、人気の「リッチェル」と「ピジョン」に絞って、使用した感想とそれぞれのおすすめポイントをご紹介します。

母乳派と哺乳瓶派、オススメは違う?

「哺乳瓶」→「スパウト」→「ストロー」「コップ」

赤ちゃんは段階を踏んで飲み方の練習をしていきます。

上の子が生まれた頃に、某ベビー用品店の店員さんにはこんな風にアドバイスを貰いました。

・吸う力がしっかりしている母乳メインの赤ちゃんはスパウトを飛ばしてストローの練習がおすすめ。

・ミルクや搾乳などで哺乳瓶の乳首に慣れている赤ちゃんは、形の似ているスパウトから練習するのがおすすめ。

我が家の場合、実際どうだったのかというと…

完母で哺乳瓶拒否だった上の子は、スパウトも拒否。

ストローの練習をしたらすんなりマスターしました。

下の子はミルクでお留守番することも多く哺乳瓶にも抵抗なし。

だけどスパウトはお気に召さないようで、こちらもいきなりストローです。

リコ

スパウト、出番無かった…ちーん

 

ベビー用品全般に言えることですが最終的には「その子による」ので、これを選べば間違いなし!というのは残念ながらありません…

少しでも無駄なく選ぶ参考になるように特徴を紹介していきたいと思います!

 

リッチェル  Richell

ストロー特化の「いきなりストローマグ」

ストロー飲みの練習に特化したリッチェルの「いきなりストローマグ&コップセット」(アクリアシリーズ)

・ストロー練習に特化!他にないストローコップ

・可愛いデザインたくさん

・取り外せるハンドル

・サイズアップも可能

・直飲みパーツもあり

柔らかいシリコンストローの吸い口がついたコップで、まずは補助付きでストローの練習をします。

ふたを軽く押すと、ストローから飲み物がピュッと出る仕組み。

赤ちゃんは「あっ、ここから飲み物が出るんだな」と理解して、自分で吸うことに慣れていきます。

 

コップのふたとボトルは飲み口が同じなので、ボトルへの切り替えもスムーズ。

ストローをマスターした後は、ふたを外してコップ飲みの練習に使えます。

よくある片手持ちの子供用プラコップと違い、両側に持ち手があるのは ポイントですね。

セットのボトルは200mlですが、大きくなって飲む量が増えたら320mlの大きめボトルがあるのでサイズアップもできます。

また、ふたとハンドルは別々に組み立てるようになっているので、一人でしっかりボトルを持てるようになる1歳以降はハンドルを外してスリムに持ち運ぶこともできます。

 

そしてリッチェルのボトルの魅力はもう1つ、デザインが豊富なこと。

我が家では「マイファーストポケモン」シリーズのピカチュウセットを購入。

他にもミッフィーやスヌーピー、トイザらス限定柄など可愛いデザインが揃っているのできっとお気に入りが見つかるはず。

 

 

我が家で使っていたものは、みーちゃんがぶん投げてふたが破損してしまいました…

アクリアシリーズはストローふた部分だけ購入することができないため、直飲みタイプのふたに買い替え。

リコ

色が合わないのは残念だけど…

これでまたしばらく使えるね!

 

「トライ」保冷マグとのセットにはスパウトもあり

りストローだけでなく、スパウト→ストロー→コップと段階を踏んで進めたい場合はこちらがおすすめ。

お値段は高めですが、プラボトルと保冷ボトルが付属しているので、夏に冷たいものを持ち歩きたい時にも使えます。

ただし上記のアクリアシリーズとは互換性なし。

また、ハンドルはふたと一体型なので取り外すことができません。

こちらのトライシリーズはストローふただけで購入することもできるので、破損した場合も安心ですね。

 

ピジョン Pigeon

とにかくずーっと使える「マグマグ」

ピジョンのマグマグシリーズは、とにかく長く使えるのが魅力!

・哺乳瓶乳首からスパウト、ストロー、コップまでずっと使える

・丈夫で壊れにくい

・単品買いしてもパーツが買い足しやすい

「マグマグベビー」は同じピジョンの「母乳実感」の乳首が使えます。

下の子のお留守番に時々ミルクを使っていた我が家。

そろそろ新生児用哺乳瓶160mlでは小さいけれど、月2〜3回ほどしか使わないのに哺乳瓶を買い足すのも…

リコ

マグマグのボトル200mlだ!

哺乳瓶の乳首使えるし、後からまた取り替えればいいよね。

このように、我が家のような時々ミルク赤ちゃんの哺乳瓶がわりとしても使えます。

 

リッチェルのマグは何度もぶん投げられてその都度ふたが破損していましたが、ピジョンのマグマグはとにかく本当に丈夫!!

パッキンやストローが劣化したり、万が一どこか壊れてパーツを買い換えたい、というときも、ネット・店舗共に取り扱いが豊富なので安心ですよ。

スパウト(ベビーと共通)、ストロー、コップの飲み口は、それぞれ本体とは別に買い足すことができます。

最初にフルセットで購入して月齢に合わせて取り替えてもいいですし、まずはひとつ買って使ってみるのも気軽でいいですね。

 

 

リコ

難点はハンドル一体型でちょっとかさばることと、デザインやカラーがやや少ないことでしょうかね

通常デザインはピンク・ブルーもあり。大多数がイエロー・オレンジ系の基本カラー。

児童館行くと必ず一人くらいかぶりますw

ディズニーデザインはミッキー(赤)、ミニー(ピンク)、カーズ(青)とあり、ざっとみた感じアカチャンホンポが取り扱い豊富。

 

あとはカップが200mlのワンサイズという点でしょうか。

ストローにすっかり慣れたベビー・キッズには、同じピジョンのストローボトルトールへのサイズアップもオススメです。

(リッチェルのコップ→マグとは違い、飲み口の形は少し変わってしまいますが)

 

コンパクトで使いやすいお出かけ向きストローボトル

150mlの「ぷちストローボトル」はイエロー・ピンク・ブルーのビビッドな色展開。

ハンドルはボトルと一体型ですが、回転させてコンパクトに畳むことができるので低月齢の頃のお出かけに重宝しました。

 

330mlの「ストローボトルトール」は少し落ち着いたマカロンカラーのイエロー・ピンク・ブルー。

リコ

Amazonでしょっちゅう投げ売りされている気がする…

こちらのハンドルはたためませんが、ストローキャップとは別になっているのでハンドルごと外すこともできます。

 

個人的おすすめポイント

どの製品も、消毒(煮沸・レンジ・薬液)や食洗機可否はほぼ横一線。

さすが人気メーカー、漏れにくさもバッチリです。

最終的にはデザインで選ぶことになるかな、とも思うのですが最後に私のおすすめを。

リコ

スパウトは無理に練習しなくてもOK!

二人しか経験していないので何とも言えないけど、周りでも「スパウトは使わなかった」という声はよく聞きます。

 

ピジョンの「全部セット」は出産準備の買い物に。

まだ赤ちゃんが母乳になるかミルクになるかわからない。

でも、必要になるかもしれないなら先に買っておきたい!

買い足し不要のこの全部セットはそんな方に。

ピジョンの「母乳実感」シリーズで哺乳瓶を使っている方にも「自分でボトルを持つ練習」になるマグマグベビーはおすすめです。

 

ストローの練習ならリッチェル「いきなりストローコップ」

練習をしなくても最初から飲めてしまう子も結構いるようですが、「この細長いとこから水が出る!」と教えてあげるには親サイドから見ても使いやすいアイテムです。

※コップだけの単品も購入できます

 

ストロー習得済なら丈夫なピジョン「マグマグストロー」

うちではリッチェルのボトルを3ヶ月で2回壊してしまいました…

(フードコートの床に放り投げた&自宅のテーブルから床に落とした)

3年間無事故で現役の「マグマグストローボトル」が強度の面ではおすすめです!

特に0歳後半〜1歳前半くらいは手当たり次第に投げるし叩きつけるし、頑丈さと万一破損した時のパーツの入手しやすさは大事なポイント。

 

リコ

我が家は一人目の時けっこう迷走しました。

ピジョンのストローマグ、下の子にもすでにかなり投げ捨てられてますけど、しっかり耐えてますよ!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください