知ってた?1月25日、5月25日、9月25日は「主婦休みの日」

「主婦休みの日」っていうのがあるみたい。

そういえば近年、忘れた頃にSNSで企業アカウントが

「主婦休みの日、普段休みのない家事に休日を!」

「お母さんがゆっくり休めるように簡単レシピ♪」

というようなテーマで発信していますね。

そもそもこれっていつ誰が言いはじめたんでしょう?

 

「主婦休みの日」はいつだれが始めたの?

 

主婦休みの日はサンケイリビング新聞社が2009年から提唱する日本の記念日。 年3回、1月25日、5月25日、9月25日であるとする。 家事や育児に頑張る主婦がリフレッシュできる日。 家族が元気になってニッポンも元気になる日。

「主婦休みの日」Wikipediaより

 

そうそう、年明けにもこの話題になってた!

5月は下の子の産後すぐでなんだかよく覚えていませんが。

2009年から提唱されているというのは驚きです。

まぁまだそのころ主婦ではなかったけれど。

よく聞くようになったのはこの数年のような気がします。

1月のお正月休みの後、5月はゴールデンウィークの後、9月は夏休みの後を意識して設定されていて、長期休みでくたびれたところでリフレッシュできるように…ということらしいですよ。

 

サンケイリビング新聞社の「主婦休みの日」に関するページをのぞいてみると、馴染みのある食品メーカーのキャンペーンやレシピ提案、上げ膳据え膳ゆったり過ごしてもらおうという宿泊施設やトラベルプラン、スイーツバイキングやお得なランチの企画などなど。

子連れではなかなか足が向かないようなエステやヘアトリートメントのプランもあるぞ。

なるほど、これはお父さんに子供を任せてゆっくりさせてもらえるということですね???たのむぞ???

 

実際のところどう?

当日休むのは…まぁ無理

ツイッターのママアカウントのTLで聞こえてくるのは、普段と変わらない1日をワンオペで乗り切り疲弊したフォロワーさん達の「いや、休めないよねー」の声。

ですよねーーーー!

ご主人はだいたい仕事。こどもは年中無休。

特に私は自分と同じような境遇ーーつまりイヤイヤ絶頂の2歳児、または何もかもに介助が必要な低月齢乳児をかかえたママさんと繋がっているので、ただひとこと。

「主婦休めません」(´・∀・`)

きっと子供がある程度大きくなって、自分に関わる家事を自分でしてくれるようになるともっと別の過ごし方があるんだろうなぁ。

などと、数年後を妄想してみたり。

 

家事の負担感について話し合うチャンスかも

この記念日、「家事を主に担うのは主婦」という言外の決めつけに感じられてモヤモヤするという声も。まぁわかる。うちは専業主婦だから文句はないけど。わかります。

「年に3回しか休みがない」「ブラックすぎる」というのもその通り過ぎて笑ってしまいました。常にオンコールだもんね。

 

「休んだ分の家事がなくなるわけではない」というのも私にとっては引っかかるポイントでした。

うちのダンナさんは家事に関して求めるレベルは決して高くありません。

「ここ出来てないよ」「何してたの?」…なーんて、完璧じゃないことを咎められることはないです。

だけど「後にして寝たら?」「いいんじゃない、手抜きして休んでも」と言ってもらったとき、私は素直に喜べませんでした。

だって、そのしわよせは全部自分に来るわけだし…

リコ

子供達を見ていてもらって、さらに家事をお願いするのは気がひけるよな。普段仕事で疲れてるんだし。

でもでも、私は毎日子供二人相手しながら家事するマルチタスクをしてるわけで…モヤモヤ

いや、でもモヤモヤを抱えたまま漠然と不満げに振る舞うのは良くない。

(割と顔や態度に出るタイプ)

察してちゃんにはなるまい、と率直な気持ちを打ち明けました。

俺、気付かないもんな。すまんね…

指示待ちっぽくて腹立つかもしれないけど、言ってくれれば今後はちゃんとやるよ。

気をつけるとことか、こだわってるとこあったらそれは教えて。

ダンナさん

リコ

うん、ありがとう!

その結果、日常生活に伴う家事は私が休んだり外出している時に、子供をみながら並行して済ませてくれるようになりました。

外出時や休息時、私が離乳食や食事を全部準備して、後には洗い物の山…ということも以前はありましたが、今はストックやインスタント食品、作り置きのおかずなどで適宜やってくれます。片付けも完璧。

デリケートな洗濯は苦手ですが、回しておいたのを干したり、取り込んだものを子供たちをいなしながら畳んで片付けたり。

私は今まで以上に清々しい気持ちで友達と出かけたり、休日に二度寝させてもらったりできるようになりました。

 

これは我が家のケースですし、夫婦の働き方やライフスタイルでどうにもならないことは多々あると思います。

だけど、現状の負担感はどうなのか。

お互いを労いつつ、なにか家族が笑顔で過ごせるためにできることはないか。

「主婦休みの日」が、そんな話をするきっかけにはなるかもしれません。

 

自分を保つために

以前「ママ閉店」というワードが炎上していました。

ネグレクトだとか無責任だとか。

ここで掘り下げることでもないので詳しくは触れませんが、この元になったツイートを見た時の私の感想は、

リコ

えー!すごくいいなぁ私もちょっと閉店したい!

…いやそもそもちゃんと営業できてないわ…すいません…

でした。開店休業。

家事育児をしていると、当事者以外の人からの「楽すること」に対する非難を感じませんか?

自分の全てを子供のために捧げるべき、犠牲になるべき、って。

そうしてもいいくらい子供たちのことは大好きだけど、正直それを全部背負わされたら子供たちだって重いと思う。

なので「こんなに手抜きしてごめん」なんて思わず「手抜きして休んだらちょっとだけ元気になったよ!また遊ぼう!」と言えるように、我が家では積極的に私のガス抜きが行われています。

 

「主婦休みの日」という言葉のもつイメージ。

今の私は正直「なんかズレてるなーそうじゃないんだよなー」みたいに感じてしまう部分もあります。

だけど外部からこういった理由づけがあることで、少しでも「今日は楽しよう」「自分のことを休ませてあげよう」という気持ちを自分自身が受け入れるきっかけになるのなら、あながち悪いものでもないのかもしれないなと思います。

「主婦休みの日」じゃなくて「家事休みの日」とか「家事手抜きの日」くらいだといいのかもね。

今後このキャンペーンがより浸透して、もっとお得なサービスが増えますように!笑

主婦の皆さん、今日もお疲れ様でした。

 

たまには心も体も胃袋もご褒美を

マッサージや整体で体の疲れを取るなら

全国の提携店舗を検索・予約できるEPARKでは12歳以下の子供を持つママor妊娠中のママにお得な「子育て割」があります。



リラク&エステでは「初めて利用の店舗で50%店頭割引(orキャシュポ還元)」

※EPARKキャシュポは、後日振り込み申請で現金化したり、サービスの支払いに使用することができる独自のポイント

EPARKのサービスにはグルメやビューティ(ヘアサロン予約)もあります。

リコ

我が家ではアンパンマンミュージアムのペコズキッチンの順番待ちで初めて登録してから、各サービスたびたびお世話になっています

2019年4月1日からはサービス内容がリニューアルされ、ママだけでなくパパも利用しやすくなりました!

 

お取り寄せグルメやスイーツでゆったり過ごすのも

私がカートに入れたり出したりして悩んでいるものをちょっとご紹介しますね。

もうすぐバレンタインだし、セットになっている冷凍スイーツを取り寄せて、片方は自分のご褒美にするのもいいな…

最近、猛烈にルタオが食べたくて。


ルタオ バレンタイン 奇跡の口どけセット 送料無料

もしくは、もうちょっと手軽なお値段の割れチョコとか?

コンビニスイーツもいいけど、もう何もしたくない時は家にちょっといいおやつがあるだけでだいぶ幸せですよね。


クーベルチュール割れチョコ 20個までメール便【送料無料】

 

こういうセットを買っておいてダンナさんに作ってもらうのもありだな…私よりちゃんと説明書読むから美味しくできそう←

大好きな函館あじさいの塩ラーメン!

もつ鍋も好きだけど幼児には食べにくいかな?


函館麺厨房あじさい 箱舘塩生拉麺


お試し博多牛もつ鍋セット2-3人前

「どれ買う?」なんてわいわいしながら休日の計画を立てています。

 

便利家電で普段からの家事負担を軽減

掃除機も水拭きもこれひとつ!ロボット掃除機 DEEBOT OZMO615で暮らしが変わった!

ついにロボット掃除機導入!

これも、ダンナさんと家の掃除についてしっかり話し合ったことが購入につながりました。

もう手放せない。本当にオススメです。

 

どんなかたちであれ、少しでもホッとできる時間が増えますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください